セロトニン症候群カテゴリの記事一覧

セロトニンについて

セロトニンは、ドーパミンや、ノルアドレナリンなどと同じく脳の中にある神経伝達物質のひとつで、トリプトファンという必須アミノ酸の代謝過程で生成される物質です。

ノルアドレナリンは恐れや驚きを伝達し、ドーパミンは喜びや快楽を伝達しますが、セロトニンは、それらの情報をコントロールして、精神を安定させてくれる働きがあるそうです。

セロトニンが不足すると、感情にブレーキがかかりにくくなってしまうそうで、依存症になってしまったり、うつ病になってしまったりする事もあるようです。

セロトニンはサプリメントなどで摂取する事も可能ですが、気をつけないといけません。
なぜなら、セロトニンを過剰摂取すると、こんどはセロトニン症候群という病気になってしまうからです。
セロトニン症候群になると、睡眠・覚醒障害、高熱、痙攣、などの症状が起こることが、動物実験で確認されているようです。


それでは、サプリメントの他に、セロトニンを増やす効果のあるものはないのでしょうか。
どうやら、セロトニンは食品から摂取するのが、望ましいようです。

セロトニンを増やすと言われている食品は、バナナ、チーズなどの乳製品、納豆などの大豆製品、肉・魚・ひまわりの種などです。これらの食品の中には、トリプトファンが多く含まれています。
ですから、日常の食習慣にセロトニンを増やす効果のある食品を取り入れるとよいでしょう。

トリプトファンというのは必須アミノ酸なのですが、体内では生成することができません。しかし、セロトニン合成のためには、トリプトファンが必要です。

そこで、トリプトファンを多く含む乳製品や大豆製品、などを食べれば、セロトニンを増やす事につながるわけです。


食品を摂取する以外に、運動をすることも効果があります。
ウォーキングや首回しなどといった簡単なもので良いそうです。
ただ、その時に重要なのは、意識的に負荷をかけることです。

今は色々なサプリメントが発売されていて、色々な成分を手軽に摂取する事が出来るようになりましたが、過剰摂取が良くないことは明らかなので、よく効能や成分を確かめてから利用することが必要です。

さらに、快適に毎日を過ごすために、運動をしたり、効果のある食品を摂取することによって、セロトニンを安易にサプリメントから摂取しようという考えは改める必要があるでしょう。

タグ:セロトニン

セロトニン症候群

セロトニン症候群って聞いたことがありますか。

脳内のセロトニン濃度が高すぎる事によって引き起こされる症状の総称なのですが、セロトニン症候群と一口に言っても、頭痛、めまいのような症状の軽いものから、死に至るものまでさまざまです。

そもそもセロトニンというのは、近年注目を浴びるようになった脳内の神経伝達物質のひとつです。

ドーパミン(喜び、快楽)やノルアドレナリン(恐れ、驚き)といった、他の神経伝達物質の情報をコントロールし、精神を安定させる作用があります。

セロトニンは人体中に約10ミリグラム含まれていますが、そのうちの2% のセロトニンは中枢神経系にあり、これらが人間の精神活動に大きく影響していると見られています。

セロトニンは食物中のトリプトファンから作られます。

これを作る脳神経をセロトニン神経と呼んでいます。

そして、合成したセロトニンを使って、神経の情報伝達をするわけです。

ですから、セロトニンがうまく作られなかったり、
逆に多すぎると心身に大きな影響があります。

セロトニン症候群はその、代表的なものです。


RSS関連リンク
セロトニン・トレーニング講座
脳内にセロトニン神経というのがあり、セロトニンという物質を脳の各部に送り、脳の覚醒、心、痛み、自律神経、筋肉などの調整を行なっており、セロトニンの働きを弱める要因としては疲労とストレスがあり、それらが持続し、セロトニン欠乏脳になると、 ...


トップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。