セロトニンを増やす

セロトニン症候群は、脳内のセロトニン濃度が

高すぎる事によって引き起こされる症状といういことですが、

セロトニンが不足して頭痛になることもあります。


セロトニンは太い血管を収縮させ、細い血管を拡張させるので、

セロトニンが減ると片頭痛になり、片頭痛の人にに投与すると

片頭痛がなおるということになります。


そこで、セロトニンを増やすという考えがでてきます。

セロトニン神経がセロトニンを合成する材料は

トリプトファンですが、これは体内で生成できず、食物から摂取するしかありません。


トップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。